40歳手前で教習指導員からWeb業界に異業種転職し年収ダウン!ここからやりがい、汎用性のあるスキル、年収、休日、労働時間などを改善に努めるブログ
jarrow Fomulas ビタミンC

jarrow Formulas ビタミン C – 750 mgをレビューします。

jarrow Formulas ビタミンC 

一番知名度が高いビタミン?

ビタミンCは非常に有名なビタミンですよね。

このサプリメントのいい所などをレビューします。

人間は自身で合成できない酵素をビタミンといい、他の動物はビタミンCを自分で合成できるのですが、
人間は、できません。

美肌効果あり。

美肌効果

コラーゲンを増加させる効果があり、美肌効果あり。
また、肌の新陳代謝を上げる為、メラニンを肌より排出する作用があります。

副腎をサポートする

ストレス軽減

副腎は全身で一番ビタミンCを必要とする場所です。

また、ストレス物質のコルチゾールが増えることにより、体内の血糖値を一気に上げるため、太りやすくなります。
また、コルチゾールが増えると、脳の海馬を委縮(小さくする)作用があるらしいです。

脳の海馬は記憶を司る場所です。


私、自身うつっぽくなったこともあり、その時は記憶力が減少したりイライラし感情的になったりしました。

コルチゾールが増えて海馬が委縮すると仕事の能率や対人関係などに多くの影響が発生しました。

 

活性酸素を除去する。

活性酸素除去

日々人間が生きている時には活性酸素がでるらしいです。

それを自身の酵素が除去しているのですが、SOD(スーパーオキシドディスムターゼ)が
除去している。

しかし、それは結局自身の力を使っているので、代わりにビタミンCが活性酸素を除去してくれています。

活性酸素が増えると、シミや老化が始まります。また風邪もひきやすくなる傾向にあります。

また、動脈硬化や最悪ガン細胞が発生してしまうようです。

jarrow FomulasビタミンCの魅力とは

緩衝化 (バッファードされた)ビタミンC

ビタミンCは普通は酸性の為、胃腸に影響があります。胃が弱い人には、胃痛になったりする弊害があります。この商品は、中性になっており、体に影響が少ないビタミンCになっています。

バイオフラボノイドが入っている。

成分は以下となります。日本で販売されているビタミンCとは違い、バイオフラボノイドが入っています。

ビタミンC 500mg
カルシウム 50mg
バイオフラボノイド 250mg

副腎疲労をより詳しく解説した本には、ビタミンCとバイオフラボノイドは2対1にならないと、あまり効果がないと書いてあります。

自然界に存在するビタミンCは、常にアスコルビン酸とバイオフラボノイド類の複合体として出現する。体に有益なのはこのビタミンC複合体であり、単体のアスコルビン酸だけではない。

アスコルビン酸が体内で完全に代謝され利用されるには、バイオフラボノイド類が不可欠である。

アスコルビン酸とバイオフラボノイドの比率はおよそ、2対1であるべきで、アスコルビン酸2mgに対してバイオフラボノイド1mgに相当する。

バイオフラボノイドは基本的に体内でアスコルビン酸の有効性を二倍にし、作用がより完全になるのを可能にする。

医者もしらない アドレナルファティーグ ジェームズ・L・ウィルソン参照

自身で体感した結果は。

  • 眠りが深くなった
  • 感情が落ち着いて物事を考えられるようになった。
  • 日焼けが少し解消して肌が白くなった。

私、本業はほぼ外にいる仕事ですので、日焼けが人よりしています。

毎日のターンオーバーより、日に焼けることが多いので、真冬でも顔は常に黒いです。ビタミンCを飲むことによって本当に少しですが、日焼けが軽減してきた所があります。

ちなみに、寝る前12時くらいに1錠のんでいます。
量としては500mgです。

  • 朝が眠りが深すぎて頭が働くのが非常に遅くなった。
  • なぜか、アトピー性皮膚炎が悪化した。
  • 頭のかゆみも増えた。

これが一番、ビタミンCの不思議な所です。
なぜか、アトピーが悪化する。

飲む度感じます。おそらく、私自身のアトピーをおさえる必要のあるコルチゾールも抑えてしまっているからだと思います。

分子栄養学の開祖ライナス・ポーリングはビタミンCを一日に何グラムも飲み続けたらしいです。

それによって、風邪やがんなども治るという奇跡の学問でした。

私は、夜に2錠つまり、1000mgを飲んだ時もありますが、体調が良いのか悪いのかよくわからない時が多くありました。

  • 朝が眠すぎる。まったく頭が働かない時もあり
  • 肌がかゆすぎておかしくなりそうになった。

おそらく、コルチゾールが減少しすぎて、朝の血糖値の上昇や肌の炎症を抑える為のコルチゾールがなくなってしまったのが原因だ思います。

まとめ

夜飲むと朝ぐっすり眠れている気がします。

肌のターンオーバーが早くなり、日焼けが少し改善しやすくなりました。

人によるのでしょうか、あまりにも多く飲んで寝ると、コルチゾールが減りすぎているのか、アトピーが悪化しました。

Jarrow関連記事

疲労に効果的な活性型ビタミンB群の紹介です。 アイハーブで手に入る、Jarrow FormulasのB-Rightです。 日本人でも吸収がしやすい、活性型の葉酸が配合しており、疲労回復などの効果を実感しやすいのが特徴です。 &nb[…]

jarrow formulas ビタミンB群
jarrow Fomulas ビタミンC
色々な発信しています!
>MJ BLOG

MJ BLOG

40歳を手前にして教習指導員からWeb業界(ECサイト運営)に異業種転職し年収大幅ダウン! これから、やりがい、汎用性の高いスキル、休日、労働時間すべてについて、自身の理想を求めていくブログ

CTR IMG